トピックス

お知らせ

金属アレルギー持ちでもインプラントは可能?

インプラント治療では、必ず金属材料を使用します。そのため、金属アレルギーがある人はそもそも治療の選択肢から外さなければならない、と思われていることでしょう。それは必ずしも正しい考え方とはいえません。なぜなら、インプラント治療で用いる金属は少し特殊だからです。

▼どの金属にアレルギーをお持ちですか?

 

ひと言で金属アレルギーといっても、どの金属にアレルギー反応を示すのかは、体質によって異なります。例えば、銀歯で金属アレルギーを発症した経験があったとしても、インプラント治療は受けられる可能性は高いです。というのも、銀歯は銀やパラジウム、スズなどの金属で構成されており、インプラントで使用するチタンは含まれていないからです。極端な話、パラジウムやスズに強いアレルギー反応を示す体質であっても、チタンなら何ら問題がないケースがほとんどといえます。

 

▼チタンは生体親和性が高い金属

 

チタンは、生体親和性が高い金属として有名です。人工関節にも使用されている材料であり、顎の骨に埋め込んでも健康被害が生じるリスクがほとんどないのです。もちろん、チタンに対してアレルギー反応を示す体質の方も存在しますが、極めてレアなケースといえます。それでも不安がある方は、事前にパッチテストなどを受けて、チタンにアレルギーがないかどうかを検査しておきましょう。

 

▼まとめ

 

このように、金属アレルギーがあっとしても、それがチタンに対する反応でなければインプラント治療を受けることが可能です。

診療カレンダー WEB予約、お問い合わせ