東京の保存治療なら「エンドウ歯科医院」

tel.03-3377-2491
診療時間
9:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日
火曜、日曜、祝日
WEB予約

拡大鏡による根管治療 ROOT

根管治療とは

歯の根っこの治療

歯の神経は「根管」という細い管で包まれており、神経に虫歯の被害が及ぶということは根管の中にも感染が及ぶということです。そのため、神経を抜いた後は根管内に残っている感染部位を綺麗にする必要があります。
拡大鏡を使うことで、歯の神経を除去する前に「全ての虫歯に侵された歯の部分を除去する」ことの成功率が高くなります。

「拡大鏡を用いた根管治療」でできること

Point.01抜歯を防ぐことができる
万が一虫歯菌に侵された部分の取り残しがあると、数年後骨と接するところまで虫歯が進行して、抜歯になってしまう可能性がありますが、そのリスクを避けることができます。
Point.02治療に先立つ感染防止処置をより正確に行う
菌や細菌の管に入り込まないよう、感染防止前処置をより正確に行うことができます。
Point.03勘に頼らない見える治療
従来は術者の長年の経験からの勘が重要でしたが、拡大視野で得たことでより正確に処置ができます。

治療精度を高める
拡大鏡(ルーペ)

拡大鏡(ルーペについて)

歯科治療には細かい作業がつきものですので、その点で視野を何倍にも拡大できる拡大鏡(ルーペ)がさまざまな場面で活躍します。
歯科専用の拡大鏡は施術者の顔に固定できるので両手が自由に使えますし、患者さんが少し動いても違和感なく患部を追いかけることができます。
さらに、スコープでのぞいている部分以外の視野は確保できるので、患者さんの細かいしぐさや、スタッフ間の治療上の合図なども見落とすことがありません。

拡大鏡の特徴

  • 肉眼の約3.5倍に拡大できる

    肉眼の約3.5倍で患部を見ることができるため、経験と勘に頼らず治療できます。

  • 患部を明るく照らすことができる

    患部を明るく照らすことができ、暗い口腔内でも良く見て治療ができます。

拡大鏡の視野について

肉眼と拡大鏡を使用した際の見え方を見てみましょう。肉眼では見落としてしまうことも十分ありえるのですが、拡大鏡で拡大するとより鮮明に見る事ができます。「患部がしっかり見える」ということは削るべき場所をしっかり削り、残すべき場所をきちんと残せるということです。これによって患者さんの大切な歯を保存できる確率が上がります。

  1. Before

    肉眼の視野

    肉眼の場合、歯の隙間まで見ることが難しく、虫歯がある場合でも見逃してしまいやすくなります。

  2. After

    拡大鏡の視野(約3.5倍)

    拡大鏡約3.5倍で見ると、歯の隙間まで見えるため、虫歯がある場合でもしっかりと確認できます。

根管治療の成功率が低い理由

とても複雑な形状をした根管内

根管は形状や長さが決まっているものではなく、曲がりくねっていたり、細かく枝分かれしていたりすることがあります。さらに根管自体は非常に細く、肉眼で中を見ることはできないので、以前は感染部位を完全に除去することは難しいとされてきました。特に奥歯の場合、根管の形状が複雑なことが多いので、根管治療の難易度が上がります。
その場合は歯を一度抜いて歯の根の先をしっかり目視して元の場所に戻して治療することもあります。歯根膜の状態が良好であれば再度通常のように噛むこともできます。

感染防止対策が不十分である

現在のようにさまざまなツールが普及する前は、根管治療が不十分だったために、しばらくして痛みや膿が出て再治療が必要になることもありました。患者さんにしてみれば、「しっかり治療を受けたはずなのに」と思われることでしょう。しかし近年は治療器具が発達したことによって、再治療をするリスクは大きく低減できるようになっています。
隔壁を設けることで根管内への異物、唾液混入を防ぎます。

根管治療時の感染防止対策

従来の根管治療と拡大視野で
行う根管治療の違い

拡大鏡を使うことによって、肉眼では見えない部分をしっかり確認できます。拡大鏡(ルーペ)は虫歯で歯を削る際や、詰め物・被せ物の段差を取るときにも役立ちますが、根管治療でも感染部位を効率よく取り除くために活躍します。

従来の根管治療

  1. Step01

    肉眼で行う根管治療

    暗くて複雑な形状をしているため、肉眼では見る事が出来ません。

  2. Step02

    虫歯の取り残しによる再発

    歯科医師の勘に頼ることになり、虫歯の取り残しが起きてしまいます。

  3. Step03

    再治療を繰り返し、抜歯に至る

    取り切れなかった虫歯が根管内で拡がり、さらに大きな虫歯となり抜歯に至ります。

ルーペを使用した根管治療

  1. Step01

    拡大視野で行う根管治療

    しっかりと拡大して見ることができるので、虫歯の取り残しリスクを限りなく抑えられます。

  2. Step02

    取り残しがないため良好な経過

    虫歯の取り残しがないと、再発リスクも大幅に抑えることができます。

  3. Step03

    メインテナンスで健康な歯を維持

    外部からの虫歯の再発リスクはあるので、定期的にメインテナンスを行いましょう。

根管治療の成功のカギは「拡大して見ること」

歯科や外科の領域では「直視直達」という言葉があります。根管治療を成功させるには拡大鏡(ルーペ)によって直接「見える」ようにして、そこに手探りではなくすぐに到達することが大切です。これによって、従来よりもはるかに治療の成功率は上がります。
また、感染源や暗い口の奥の患部に対して、歯科医師の手探りの治療ではなくしっかり直接「見える」状態での治療を行うことで、丁寧なのに短時間で治療を行うことが可能になります。

根管治療時の感染防止対策

当院ではゴム製のシート「ラバーダム」と、吸引式の感染防止策「ZOO」を、歯やお口の状態によって使い分けています。

唾液が流れ込むのを防止する「ラバーダム」

ラバーダムとは、治療する歯のみをゴム製の膜で保護をして、唾液やお口の呼気をシャットアウトできる器具です。
根管治療時は特に虫歯菌の感染に注意を払うため、虫歯の再発防止にはラバーダムが必須と言えます。しかし、デメリットとしてお口の中の唾液が治療中にたまったり、歯に引っ掛けることで歯ぐきを傷つけるケースがあります。

唾液を持続吸引する「ZOO」

ZOOは持続的に吸引を行いながら、治療中の歯の中に唾液が入ってくることを防止する器具です。ラバーダムのように歯に引っ掛けるためには、歯の材質が残っていないと引っ掛けられませんが、こちらは持続的に吸引することで唾液が歯に触れないようにしています。
ゴムで歯を囲うことはありませんが、ラバーダムと同程度の感染防止効果があります。

拡大鏡による根管治療の注意点

  • 来院が複数回に及ぶことがあります。
  • 根管治療後、熱や痛みが出る場合があります。
  • 複雑な根管の場合、治療の成功率は下がる傾向があります。
ページトップへ