最短一日で終わるセレックによるセラミック治療

セレック(CEREC)はドイツの歯科機器メーカであるシロナ社が開発したセラミック治療専用の機器です。
医療先進国であるドイツでは、歯科治療におけるセラミックの有用性が注目され、より早く安全にセラミック治療を行う方法が研究されてきました。その中でもとりわけ先進的な技術を用いて生み出されたのがセレックシステムです。セレックシステムは、コンピュータ制御によって詰め物やかぶせ物を設計・製作する、いわゆるCAD/CAMシステムの一種となります。

測定から制作までをコンピュータで行うため、これまでの治療のように歯型を取る必要がありません。スキャン→削りだし→装着と、早ければ1日で治療を終えることができます。治療にかかる時間は最速でわずか1時間程度のため、早く治療を終えたい方やお仕事がお忙しい方に多く選ばれてきました。

セレックのメリット

早く治療ができます(最速当日修復!)

セレックでは3D光学カメラを使用し、歯をスキャンし、コンピュータ上にお口の中の3Dモデルを作製します。撮影からわずか数秒で画面には歯並びのCGモデルが表示されます。光を使って撮影を行うため、その精度はとても高いです。そしてコンピュータの画面上にてかぶせ物を設計し、ミリングマシンがデータをもとにかぶせ物を作製します。
通常、治療から被せ物・詰め物の装着には1週間ほどお時間をいただきますが、セレックの場合は最短当日中で治療を終えることができます。

費用が安く済みます

セレックは通常のセラミック治療と比較して、費用を安く抑えることができます。なぜ費用を抑えることができるのか?

それは工程の違いにあります。通常詰め物や被せ物を制作するとき、歯科技工所に発注をかけ歯科技工士が手作りしていきます。これにより治療完了までにお時間をいただくことに繋がり、どうしても技工料がかかるため、特に保険の効かない治療では高額になってしまう傾向にあります。
しかし、セレックの場合はすべて院内で完結するため、歯科技工所への発注がありません。測定から制作までを機械が担当することにより、素早く治療できるとともに、費用の面でも安く抑えることが可能となっています。

動画でわかるセレック

これまでの治療法との違い

ダイレクトボンディング

保険の範囲で行える白い詰め物といえばこれです。歯科治療用のレジン(樹脂)を使って削った部分を詰めていきます。見た目や詰め方などで患者さんの満足度は大きく変わり、ドクターの腕によって治療の結果は大きく異なってきます。見た目は白くきれいに見えるのですが、一方でとても汚れがつきやすいという難点もあります。
専門家としては、見た目以上に汚れがつくことが問題で、歯周病や虫歯の再発を考えるとあまりおすすめできない素材です。白い歯にしても、その日からずっと噛んで食べて磨いてを繰り返していきます。レジンはプラスチックの一種ですので、どうしても劣化してしまいます。白い歯でも歯周病や虫歯になりやすくては本末転倒なので、慎重に選んで頂きたい治療法です。

銀歯

日本では最もポピュラーな治療法かもしれません。歯科用の銀合金を用いて治療を行うため、当然ですが見た目は金属色です。そのため口の中ではかなり目立ち、この見た目が嫌であとになってから白い歯に変える方もいらっしゃるほどです。
また、比較的安定した合金ながら、やはり劣化をします。少しずつ金属の成分が溶けだし、歯ぐきに近い部分では黒ずんだりすることもあります。金属アレルギーの方は銀歯が原因で不調を起こすこともあります。

保険が適用されるため費用は安く済みますが、何かあってからのやり直しはやはり大きな負担となってしまいます。長くお口の中にあることを考えると、こちらもあまりおすすめできない素材です。

eMAX(オールセラミック)

純粋なセラミックでできた詰め物・被せ物です。とにかくきれいで丈夫で、見た目は治療したことがわからないくらいに歯に合います。しかし、自由診療となる上、すべて技工所への発注が必要です。治療の完了までに一週間ほどお時間が必要で、費用の面でも保険治療と比べ大きな負担が必要となります。
素材としては大変良いものですが、費用の面を考えて選ばれない方もいらっしゃいます。

セレック

純粋なセラミックでできた詰め物・被せ物でありながら、すべて機械が自動で作製します。人の手が介在しないため、費用は大幅に抑えつつ白いセラミックの歯を入れることができます。セラミックの見た目・健康のメリットはそのままに、お急ぎの方、費用を抑えて白い歯を入れたい方へおすすめの治療法です。

当院がセレックの導入を決めた理由

これまで多くの方が見た目や健康を気にされて白い歯を希望されるも、費用面でセラミックを選択されない場合を多々目にしてきました。専門家としてもより良い素材を患者さんに使っていただきたいと願う半面、無理におすすめはできず、苦い思いをしてきました。そこで、白いセラミックの治療をもっと安く、早くできれば、少しでも多くの患者さんがもっと満足でき、また健康にも寄与できるのではないかと考え、当院ではセレックの導入を決定しました。
詰め物や被せ物を選ばれる際に、一つの選択肢としてご検討いただけましたら幸いです。

日曜診療を始めた理由・やめた理由

エンドウ歯科医院では2018年まで日曜診療を行って参りました。なぜ日曜日に診療をしてきたのか?それには理由がありました。
院長はかつて、救急外来の現場で経験を積んできました。そのとき、様々な理由で休日しか歯科医院に通うことのできない方を現場でたくさん見てきたからです。

しかし、自分の医院で日曜診療を三年継続して分かったことがあります。
それは、日曜に来ていただいても、その場で終わる治療は一割程度しかなく、実際には複数回お越しいただく必要のある患者さんがたくさんいらっしゃったということです。そのため、次の予約が必要になり、長い方では数ヶ月空いてしまう方もいらっしゃいました。虫歯の詰め物を作る際も、一度型取りを行なっても実際につけるまでの時間が空いてしまうと、せっかく治療した場所も唾液や食物により汚染されていきます。私達が丁寧に形作りをし、技工士さんが綺麗に作っても、肝心の患部に入れずそのままにしていたらどうしても虫歯が進行します。

これでは「治しているのか悪化させているのかわからない… 」

これが日曜診療でわかった現実でした。

そこで、本当に患者さんの役に立つ治療はないか真剣に考え、セレック外来の導入を決めました。今後はセレック治療のために完全予約のお時間を設けます。そうすることで、休診日はご予約の方だけのために、セレック専門診療日とし、1日でスキャンからセットまで完了することができます。

少しずつ知られるようになりましたが、皆さんのお口の中には雑菌が沢山棲んでおり、トイレの便器よりもその数は多いとさえ言われる事もあります。どんなに綺麗に形取りをして、精密な詰め物ができても、装着までの時間が空けばそれだけ細菌によって汚染されているのです。

もう、「歯医者に行く時間がないから放っておいた!」 という時代は終わりました。当院では完全予約制のセレック外来で、更に治療をスピードアップさせました。

セレック治療がおすすめの患者さん

治療に時間をかけたくない方、かけられない方

「仕事が忙しい」「そもそも何度も歯医者へ行きたくない」でも、健康や見た目を諦めたくないですよね。
セレックは短時間で治療を終えられるため、これまで時間がなくて治療を避けてこられた方にはおすすめです。

金属アレルギーをお持ちの方

セレックは純粋なセラミックブロックから作製されます。金属は一切使用しないメタルフリー治療のため、これまで金属アレルギーが心配だった方にも安心して使用していただけます。あとになって金属アレルギーが発覚し、場合によっては皮膚科から銀歯を外すように診断される方もいるほどで、その重要性は年々注目度を増しています。

銀歯を自然な白い歯に変えたい方

昔銀歯で治療した歯を白く治療し直す方は増えています。理由として見た目が気になってきたという方が多く、年齢世代問わずにご希望されています。

治療費用を抑えて審美歯科治療を受けたい方

これまでは見た目を気にする治療はどうしても高価になるものと思われてきました。実際に当院でも白い歯を入れる場合、他の治療と比較して費用が必要でした。
セレック治療では自由診療の白いセラミック治療としては最も安い金額で提供できるため、まずは試しに一本だけという方もおすすめです。

高精度な治療を希望されている方

セレック治療で用いるスキャンやミリング(削る)マシンは、驚くほど高精度になっています。当院では更に、装着の際に噛みあわせ調整を慎重に行うため、治療当日から違和感なくご使用いただけます。

当日治療イメージ

朝9:00 治療と測定を行います。(1時間程度)

予約時間にご来院頂き、歯の治療とスキャンデータを撮影します。撮影した3Dモデルを元にドクターが設計を行います。治療した歯には仮詰めを行い、そのままお仕事やご予定にお戻りいただきます。日中は仮の詰め物でいつもどおり過ごしていただけます。
※症例により当日中に治療が終わらない場合や、スキャン撮影まで行えないことがあります。

夜19:00 再来院

朝撮影したデータを元に削り出したセラミックをセットします。セット時には噛みあわせに精通したドクターが違和感などを伺いながら正確に調整を行います。気になることがありましたら遠慮なくお申し出ください。
※症例によっては当日中に装着まで行えないこともあります。

アルジネート型取りとセレックの違い

アルジネート型取り

  • 形作り
  • ピンクの型取り
  • 模型にするため石膏を流す
  • 固まったら技工所、技工士さんに出す
  • 技工士さんがロウで形作りをする
  • 技工士さんが作った形に金属を流し込む
  • 酸化まみれの黒い金属物が出来るのでそれを研磨してピカピカにする
  • 模型に戻してエンドウ歯科医院に送る
  • 模型から外して患者さんのお口で調整する

セレック

  • 形作り
  • ペンライトで歯をスキャン
  • セレックにデータを送る
  • 設計してセレックが削り出す
  • 患者さんのお口に装着して咬み合わせを確認

セレックに関するQ&A

「セレック」に関するご質問をまとめました。その他のご質問などございましたら、医院へお問い合わせください。

Q
どのような症状でもセレックはできますか?
一般的な詰め物・かぶせ物の治療の他にも前歯に貼り付けて色や形を整えるラミネートベニア治療など、審美治療としても活用することができます。詳しくは医院へお問い合わせください。
Q
本当に最短一日で終わりますか?
症例により当日に行えない場合もあります。例えば大きな虫歯や歯ぐき強い炎症がある際には、治療そのものに複数日必要となってしまいます。まずは症例や状態の診断が必要となりますので、医院まで相談ください。
Q
どうしてセラミックが良いの?
セラミック以外の白い歯の治療である、レジン(プラスティック素材)がありますが、汚れの付着や素材の劣化がどうしても起きてしまいます。 しかしセレックでは規格生産されているセラミックブロックを用いるため、品質は一定で着色や変色、劣化や摩耗がありません。当然セラミックしか使わないため、金属アレルギーを起こす心配も無用です。

セレックの症例

セレックの症例

セレックの症例

セレックとは欠損した歯に対して、セラミック素材による歯の修復を指し、CAD/CAMを用いて設計され、より歯に馴染むように作製されます。初診時…4本セレックセレックスキャン前…(1時間の形作り)セレックセット…(当日2時間後)

診療カレンダー お問い合わせ