トピックス

スタッフブログ

勉強会

皆さまこんにちは。

またしても久しぶりの投稿になりました・・・
先月から今月にかけて多くの勉強会やレジャーに外出が重なりましたので、ご報告ついでのブログとなります。

2/23に行われたマウスピース型カスタムメイド矯正装置セミナーに出席して参りました。

 

マウスピース型カスタムメイド矯正装置治療について皆さまどうお考えですか?まず「マウスピース型カスタムメイド矯正装置ってなに?」という方向けに、簡単なご説明です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置は近年、急速に普及してきている針金を使った矯正治療とは異なる治療法です。
なぜ、急速に発達してきているかと申しますと、今までの矯正はブラケットと呼ばれる装置を装着することで歯磨きが困難になり針金の矯正が終わった後に虫歯治療を行わなくてはならなくなったという事例が多く見受けられます。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置は、デジタルソリューションを用いて3次元的に歯の大きさを把握してきれいな並びに配列するもので、アナログ的に行うマウスピースによる矯正ではありません)の代表的なものでブラケットやワイヤー、針金を用いずご自身で付け外しができる上に、歯並びが矯正できることです。

虫歯リスクの高い患者さんが歯並びを治したいと思われたらまずはマウスピース型カスタムメイド矯正装置の治療法を考えてみてください。しかし、マウスピース型カスタムメイド矯正装置がすべていいわけではありません。

時に、歯の根を回転させて起こしてあげなくてはならないケースの場合、マウスピース型カスタムメイド矯正装置の治療よりワイヤーでの矯正の方が早く終了する場合もあります。そのほかにも、歯の並べるスペースが狭い場合に抜歯を行わないと歯が並べられないケースに歯を抜かない代わりに歯をスリムに削らなくてはいけない場合などあります。

この点においては、歯を抜く事と何でもない歯を削ることに対してどちらかを天秤にかけてワイヤー矯正とマウスピース型カスタムメイド矯正装置矯正で検討してみてください。

真面目なお話で読みつかれたかと思いますが、矯正をお考えの方々にとってよりよい治療法を選択されることを祈っております。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置についてはこちら

診療カレンダー お問い合わせ