トピックス

スタッフブログ

明日より年初めスタート!!

皆様、年末年始の休暇も終了し、お仕事に邁進されていることでしょう。
大切な患者様方々には新年から診療をお待ちいただき、申し訳ありませんが、当院も明日よりやっと新年のスタートを切ります。
昨年11月に改装したばかりのため、「初心に戻って」や「心新たに」といった心境ではございませんが、本年は昨年以上に患者様の気持ちに立って診療に励みたいと存じます。

本年1発目の歯科に関する内容です。
皆様は金属アレルギーと聞いていかがお考えでしょうか?
金属アレルギーは、Ⅳ型アレルギーに分類されます。
Ⅳ型??
Ⅳ型と聞いても意味不明な方も多いと思います。
Ⅳ型とは遅延型のことでして、アレルギー反応が出るまでに長期に渡る時間の経過を経てから
生じることを意味します。
歯科の分野で?遅延型のアレルギー・・・金属アレルギー・・・
さて、何のことでしょう?

歯科に使用されている保険金属は通常Hg(水銀)Au(金)Pd(パラジウム)Cu(銅)Sn(スズ)Ni(ニッケル)Zn(亜鉛)など様々な金属の合わせあったもの、いわゆる合金です。

原因不明の発疹や湿疹が生じてるケースでは歯科の保険金属が原因で全て取り除くといったケースもあります。日本における保険使用金属は体内で害になるものが含まれており、海外よりも規制が緩い点が指摘されています。
歯に使用した金属は溶出し、食べ物を摂取するのと同様に金属を常に飲み込んでいます。

このように金属を知らず知らずに摂取していると、遅延型アレルギーが徐々に信号を発信し全身症状として生じてしまいます。

現在、歯科の分野ではメタルフリーが進行してきており国も金属を使わない材料も一部保険に適応されてきております。
保険内のメタルフリー材料は、まだ精密度に若干劣ると私自身は個人的に思いますが、今後体に悪影響を及ぼす金属が保険から排除されることを強く願っております。

ちなみに、金属アレルギーはどの金属の種類のアレルギーなのか不明な場合が多く、歯科用の合金をひとつひとつを調べなくてはいけません。
大変手間と費用と患者様の苦労も伴います。

なにか一つでも金属アレルギーがないかと気になったあなた。
チョコレートでニキビ様の症状が出たことはありませんか?
チョコレートにはNi(ニッケル)が多く含まれており、ひょっとしたらNiアレルギーなのかもしれませんよ。
チョコのような世間一般にありふれたものにも金属アレルギーは潜んでいます。
脅かすわけではなく、このように歯科の世界にも有害な金属が保険適応にされていることを少し知っていただき今年は歯を大切にし不要な金属を体に植え込まれないように注意して過ごしてくださいね。一度保険の金属を装着したところから金属アレルギーの発症に向かうといっても過言ではないのです。
結果、自分の歯が一番強くて優しくて長持ちする。

追伸
歯周病菌も歯茎の間にいて常に歯周病菌や虫歯菌を飲み込んでいます。できるだけ歯をきれいにし唾液は飲み込んでくださいね。

長持ちさせたいならぜひ当院まで。

診療カレンダー お問い合わせ