トピックス

スタッフブログ

インプラントの手術ってフリーハンドでいいの?

皆さまお久しぶりです。
2017.11/16に世界的シェアインプラントメーカー、
ストローマンの本社にてストローマンガイドのセミナーに参加してきました。
皆さんはストローマンを、ご存知ですか?

あ、すいません…インプラントをご存知ですか?
当院ではストローマンしか使っていませんので、ストローマン=インプラントです。
ストローマンのインプラントの治療成績は他社と比較してもとても良い成績を収め、
信頼のおけるインプラントメーカーです。
しかし、近年のインプラントはどこのメーカーもとても精度の良い成績を収めておりますので、
他社さんが悪いという訳でもありません。

インプラントは今や骨にくっつく事が当たり前。
それは、骨のある所にテキトーに入れてもインプラントはくっ付いてしまうんですねー。
それは、ドクターのスキルに寄らずただ単に信頼ある
インプラントメーカーを使っていればインプラントはくっ付きます。

これからの時代、インプラントはどこの場所に何本必要とするかや、
インプラントを入れる事でその人は幸せな食事を食べていけるのかと言ったところ。
インプラントは今や正確無比な場所に必要最小限埋入し、その予後は確実出なくてはなりません。

そこで、欠かせないのはインプラントガイド。
インプラントガイドとは、インプラントを入れる時テキトーにならないよう、
しっかりコンピュータ上で設計するというシステムと装置です。
お家を建てるとき設計士さんが図面を引くのと同じように、
インプラントは今やフリーハンドで入れる時代ではありません。

入れたインプラントが一生持つよう、手術の日までしっかり図面を三次元的に見て、
力の関係を考慮してお掃除のしやすい歯の形を作れるかを設計する。
インプラントの手術前に行うこのインプラントガイドは手術を正確無比に行うための
今や無くてはならないシステムなのです。

個人的にはインプラント建築法とでも名のつく法律があってもいいのではないかと
思うほどインプラントの埋入ポジションは大切だなと思っております。
最近診療を早く切り上げてしまい、夕方以降の患者さんには
一ヶ月待ちなど大変ご迷惑をおかけしております事をお許しください。

これも日々進歩する歯科医療を勉強して
、明日の患者さんのために質の高い医療を提供したいといった一心でございます。
この場を借りて、ご理解とお詫びを申し上げます。
また日々学んでまいりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

診療カレンダー お問い合わせ