トピックス

スタッフブログ

お盆も明けて

皆さまお久しぶりです。
お盆休みはいかがお過ごしでしたか?私も休診を頂きホッと息抜きをさせていただきました。
休診中は、治療の継続されていた患者さま方々にはご迷惑おかけしました。
さて、お盆も開けたらまた暑くなってまいりましたね‼️
私も日々患者さまをより良く治療するための研鑽を積む為勉強にも熱がまた入ってまいりました‼️

本日日曜は休診を頂き、東京歯科大学水道橋新館で東京都歯科医師会主催の歯科矯正用アンカースクリューと言う、
ちっちゃなちっちゃなインプラントを用いて部分的にもしくは限局的に矯正を行う勉強会に参加して参りました。
場所は水道橋だったんですが、同日に労務士さんの試験もあったようで会場までは物凄い人でした。あの他の方々の合格を祈りながら・・・・

私はと言いますと、午前は矯正の基礎学問、アンカースクリューのガイドラインの内容の復習、
アンカースクリューの各メーカーの特徴を座学で教えて頂きました。
現在当院でも、歯科矯正用アンカースクリューを用いて数々の患者さまを部分的に矯正して参りましたが、
写真で示すように、今まで持っていたアイデアと今日学んだ内容を活かせば、
まだまだ治らなそうと思われていた患者さまにより良い治療が出来るようになると自信を持って帰って参りました。

矯正と聞くと高いイメージが先行しがちですが、その時支払うお金は全ての歯の治療をするより遥かに安くすみ、
更に予後の良い状態にもっていくため、治療としては歯の保存に関して予防的要素が非常に高いものです。
歯の軸はやはり真っ直ぐ立つと非常に堅固なものとなり、感染にも噛む力にも耐え得る能力が増大します。
建物と同じで少しでも長持ちさせたかったら、歯の保存に努めた歯科医院を探してみてくださいね‼️
皆さまのお口の健康のアドバイスの一助になれば幸いです。

今回、勉強会を開催していただいた東京都歯科医師会を初め、
東京歯科大学矯正学講座の末石教授、高木先生、西井先生、立木先生、医局員の方々、
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

補足
先日セラミック矯正を受けて来られた患者さまが来院されました。
セラミック矯正とは…良いことと悪いこと。
全てを理解して治療を受けてください。
必ず治療には良いことと、少なからず悪いこともあります。
良いことばかりを鵜呑みにせず、必ずデメリットについてかかりつけの歯科医院様にお尋ねするようにしましょう。

診療カレンダー お問い合わせ